結婚相談所 | 一般社団法人かがわ結婚推進協会 | 香川県 | 成婚に向けてのお手伝い | Blog

Blog

恋活と婚活を平行してしていない? Harukoi西本

25歳から痛風を発症しており、今現在ブログを書いている時点でも足に違和感があるHarukoiの西本です。皆様お酒はほどほどに。

今でこそ当たり前のように耳にする「婚活」という言葉と、最近チラホラ耳にする機会が増えてきた「恋活」。

どちらも明確な区分はありませんが、恋活は恋人が欲しい向け。婚活は結婚を考えている人向けといった形で分けられているかと思われます。

主な活動としては

≪恋活≫

マッチングアプリ

合コン

街コン

 

≪婚活≫

婚活パーティー

結婚相談所

 

が挙げられます。

今回伝えたいのは、結婚願望があるにも関わらず、上記の恋活も婚活も行っている人は気を付けて欲しいということです。

 

恋活と婚活を行うことの弊害

私自身の考え方としましては、恋愛や結婚において何よりも「経験」が重要だと考えており、行動すること自体素晴らしい事です。
ただし、恋活と婚活。相手に求めるものが違う活動をすることによって起きる弊害があります。

それは"相手に求める理想が高くなる"ということです。
 

なぜ相手に求める理想が高くなるか?

少し話は変わりますが、結婚相談所においては男性よりも女性の方が多いにも関わらず、マッチングアプリや街コンなんかは圧倒的に男性が多いということを知っているでしょうか?
その理由としましては、後者の場合"結婚願望がない" "一夜を楽しみたいだけ" "既婚者"の男性が含まれるからです。

真剣に結婚を考えている男性だけを集めた場合、婚活市場は女性の方が多くなるのです。


話を戻すと、確かに人数が多いマッチングアプリで相手を探す方が素敵な人がいる可能性は高くなります。また先ほど挙げた男性は比較的モテる方が多い傾向にあります。また更に言えばマッチングアプリなんかはいくらでも嘘をつけます。(笑)
 

それらの男性を見た後に結婚相談所の男性プロフィールを見て、物足りなく感じる方も少なくないと思います。

結果、「結婚願望のあるマッチングアプリに登録しているステキな男性」という生息しているかどうかも分からない理想を追い続けることになり、婚期が遠のいてしまう可能性があります。

 

男性の場合どうなの?

これまでほぼ女性目線での話になりましたが、男性の場合は結婚願望がある人がマッチングアプリをする理由がほぼありません。

というのも、やはり男性同様恋活にいる女性の方が恋愛経験豊富で垢抜けている人の割合は高くなりますが、先ほど書いた様にライバルが圧倒的に増えます。

マッチングプリで上手くいかなかった人が相談所に入会してモテモテということはあっても逆はありません。

それ以外にも理由はありますが、結婚願望があるのならばマッチングアプリはやるだけ無駄です!
 

最後に

途中からマッチングアプリと相談所の比較みたいになりましたが、いかがだったでしょうか。
なんかマッチングアプリを悪くかいているように見えますが、恋人が欲しいだけであったり、気軽に出会いを見つけるツールとしてはコロナ禍に適していると思います!

恋活は恋活、婚活は婚活。しっかり分けて活動することが結婚への近道だと私は考えます。

それでは!

恋活・結婚相談所Harukoi
https://harukoi.info/
お問い合わせ:harukoi@harukoi.info
LINE ID:@414szyla
連絡先:087-808-8603(10時~20時)

 

2021.04.20

▶メルマガ会員登録はこちらから